すずめのひきだし

家族で遊ぶためのちょっとしたヒントが入っているひきだしです。

春眠不覚曉-しゅんみんあかつきをおぼえず

シュンミンフカクギョウ

ショショブンテイチョウ

ヤライフウウセイ

カラクチタショウ

 


魔法の呪文か何かのように、

唱えるとおもしろいらしく、

こすずめ達は「春曉」を聞くのがお気に入り。

ママはちょっと、勇ましい感じで読んでます。

 


しゅんみん あかつきをおぼえず

しょしょ(に) ていちょうをきく

やらい ふううのこえ

はなおつること しる(しんぬ) たしょうぞ

 

読み下し文にすると、同じものが

ちょっとやわらかくなるから不思議。

こちらは、流れるように、美しく読みたいね~。

 


声に出して読みたい日本語も

まだ、出版されておらず、TVのにほんごであそぼ

もやっていなかった時代、

素読集にはお世話になりました。

 


今は、TVでもやっているし、

絵本までたくさんでているから、

もっと身近に楽しめて、うらやましいです。

 


声に出して読むと、

これが結構ストレス解消になるんですよ~。

 


春って本当に眠いですね~。

 


声に出して読みたい日本語

齋藤孝

草思社

2001年9月18日 第1刷

 


☆シニアに応用☆

シニア世代も漢文は習っているから、ちょっと読んであげると嬉しそう。

 


暗唱させられたのか、覚えているものは得意そうに言ってくれます。

 


大きな声を出すとストレス解消になってよいみたいです。

 


学生時代の先生の思い出話しのおまけ付き。

 

 

©2018.すずめのひきだしAll Rights Reserved.