すずめのひきだし

家族で遊ぶためのちょっとしたヒントが入っているひきだしです。

バイク(単車)への道1-あこがれの三輪車

バイク(単車)への道1-あこがれの三輪車

 

ハイハイこーそくいどうはすきなところまでダダダといけちゃうからとってもべんり。

 


べつにいどうしゅだんとしてはいいんだけど…

 


やっぱり、これにのるとみえるせかいがかわるんだよね~

 


ということで、ハイハイでダダダとやってきて、三輪車に乗せろと要求。抱っこで乗せてもらって、どや顔。

(❤︎で隠れてますね。すみません。)

 


こすずめ2-ペダルには足が全然届かないけれど、床に着いた足のちょこちょこ移動で好きなところへ行けます。

バランスを崩さないかとハラハラしたけど、しばらく危険のないように見守っていると、コツをつかんだらしく、しっかりハンドルを握っています。

 


これはこれでいいみたい。乗っ

たら最後、当分おりません。

 

f:id:suzume-hikidashi:20180517213359j:image

 

昨日と同じく、こすずめ2の写真を探していて、また、パパ(幼き日の旦那の写真)を発見。お顔はパパの方が真剣です。

 


パパ-左サイドの手は旦那のママ。やっぱり、乗りたがったのでしょうね。こちらも足はペダルに届いていないようです。

 


やはり…DNAすごいなぁ。

 


あこがれの三輪車~自転車~単車乗り。うんうん。

正しい成長だと思います。

 


☆シニアに応用☆

自立歩行が難しくなってきた頃、父は初めて乗った車椅子がたいへん気に入ってしまいました。ちょこちょこ歩幅も小さくなって移動に時間がかかっていたので早く移動できるのが嬉しかったのでしょう。

研究熱心だったので、リハビリ中に最短で移動するルートとか素早い方向転換とか、随分研究した様子。

 


その時は再び歩けるようになったけれど、今はスタンダードが車椅子なので、ここ1年くらいは歩く練習中。目標はあこがれの歩行器!!!目線が上がって楽しいらしく、真面目にリハビリしています。

 


お散歩の同行は車椅子の方が楽だし、遠くに一緒に行けるけど、自分で歩けるのはやっぱり嬉しいみたいです。

 


©2018.すずめのひきだしAll Rights Reserved.