すずめのひきだし

家族で遊ぶためのちょっとしたヒントが入っているひきだしです。

にんげん自動歩行器でいっしょに歩こう

にんげん自動歩行器ってなあに?

 


私が小さかった頃、祖父や父にしてもらった

お気に入りの遊び。よく「歩くのやって~」と

おねだりしていました。

 


おとなの足の上にのっていると、自動的に前に

進んでいくという、あれです。

「ほら、いくよー。左から1・2・1・2・1・2・・・」

こどもは上にのっているだけなのに、呼吸を

合わせないとずるっと落ちてしまいます。

 


自分がこどもをのせて、歩く立場になってみると、

結構、むずかしいですね、これ。

 


  

こどもを足の甲にのせて、(同じ方向を見ます。)

肩のところをそっと支えて、こどもには手の先を

持ってもらって、「さあ、歩きまーす。」

 

f:id:suzume-hikidashi:20180523212049j:image

 


はじめは、直線。

慣れてきたら、テーブル1周とか、ちょっとずつ

距離をのばします。

 


リクエストを受け付けると、「トイレまでー」とか

「玄関までー」とか、いろいろ言われてしまいます。

 


でも、こんなに単純な遊びなのに、こどもは大好き。

やっぱり、スキンシップをはかる遊びって、

昔も今も、変わらないんですね。

 

 

 

 

 

 

公園の芝生の上で、

こどもの友達&ママ友と競争すると、妙に気合が入ります。

 


3人家族だと自動歩行器ペアVS後ろケンケン。

人数のいる家族は家族内で競争ができますね。

 


なんだか、むかで競争に通じるものがあって面白いですよ。

 

 

 

そうそう、トイレットトレーニング中で、誘っても気が乗らないとトイレに行きたがらない時も「トイレ行き発車しまーす!」とアナウンスすると

うっかり乗って運ばれてくれるから便利です。

お風呂いやいや時期にも効きますよ。

 

 

 

©2018.すずめのひきだしAll Rights Reserved.