すずめのひきだし

家族で遊ぶためのちょっとしたヒントが入っているひきだしです。

数字で遊ぼう1-すうじさがし

数字で遊ぼう1-すうじさがし

 

時計で時間を確かめたり、いろいろなところで数字を見つけるたびに読んであげていると

だんだん、数字と仲良くなってきます。

 


うちの場合

1と2・・・こすずめたちが「おいくつ?」と年を聞かれることが多く、パパもママも指つきでお尋ねの方にお返事するので。

 


3・・・「おやつのじかん」は忘れないよね。

 


4・・・いつも車の中から見えるんだよね。(国道4号の標識がね)

 


5・・・あれ?意外と印象がうすいわね。(551のある地域ではなかったので…)

 


7・・・セブンイレヴンでおなじみだもの。

 


8・・・「ゆきだるまさんだよ!!」

(こすずめ1の発見です。)

 


10・・・これも「おやつのじかんだよ。」

 


6と9・・・「さかさま?」これはちょっとこんがらがるね。

 

f:id:suzume-hikidashi:20180526205946j:image

f:id:suzume-hikidashi:20180526205951j:image


時計・さまざまなリモコン・

そしてオーブンや電子レンジ

 


パパやママの雑誌の月の数字や本の背表紙の数字。

 


おうちの中にも数字がいっぱい。

わかってくるとなんだか楽しいよね。

 


お散歩中にバイク(単車)や自動車の

プレート読むのも、楽しいよ♪

 


バイク(単車)は排気量も書いてあるものが多いから、それも読んでもらうと嬉しいよね。

 


今はデザイン的にあまり排気量がついてないものが多いみたいだけど。

 

 

 

自動車のナンバープレート読みは、

帰省途中の高速道路でも楽しめます。

 


ナンバープレートといえば…

 


小学生になると、

自動車のプレートや電車の

切符の数字を

「四則演算(たす・ひく・かける・わる)を使って10にする」

というのを

家族で競い合っていました。

 


こどもの頃に珠算を習っていた“暗算マシン”のパパに負けてばかりではいられないので、こすずめたちは自主トレしたりもしていました。

 

 

 

これがあれば、渋滞しても平気です。頭も使うしスピード勝負なので、おとなも結構、燃えます。

 

 

 

☆シニアに応用☆

 


手が離せないフリをして、アナログ時計の時間を「今、何時~」と尋ねてみたり、電子レンジの時間設定ができるか、簡単な調理を頼んだり…

 


時々チェックしておくと安心です。

 


少し身の回りの細かい数字の管理などがあやしくなってくると、他のことも難しくなってきていることもあるので、実家や婚家に帰ったりしたらちょっと気をつけて様子をみておくといいかもしれませんね。

 


©2018.すずめのひきだしAll Rights Reserved.