すずめのひきだし

家族で遊ぶためのちょっとしたヒントが入っているひきだしです。

ままごとキッチンを買う前に☆簡単手作りレンジの作り方

ままごとキッチンを買う前に☆簡単手作りレンジの作り方

 


夕方になるとおとなはなんだかバタバタと忙しそう。

 


なんだかいつも面白そうなことやってるね~。

 

 

 

男の子でも女の子でもパパやママがお料理しているのをみると、まねっこしてみたいに決まっています。

 

 

 

だって、おもしろそうだもん!!!

 


こどもだって

(ついこのまえまであかちゃんとよばれていたとしても)

おなべのまぜまぜしたいよ!

 

f:id:suzume-hikidashi:20180603205640j:image

・シリコンスチーマーとIKEAのお野菜でごちそう鍋

⚠️お野菜の対象年齢は確か3歳からです。

 

 

 

そろそろ…ままごとキッチン買おうかしら?

 


の前に、ちょっと工作タイム。

 


簡単手作りレンジの作り方

 


○材料

・小さめダンボー

・紙皿・スティックのりか両面テープ

・マスキングテープ(なくても問題ありません❤︎)

 


1、お鍋1つ載るくらいの小さめダンボールをしっかりガムテープで箱にする。

 

こどもが上に乗ってしまってつぶれて痛い思いをしない程度にはしっかりね。

 


2、ダンボールの上にスティックのりか両面テープで紙皿を貼り付ける。

 

どうせ鍋をのせてしまえば見えないのでなくても問題ありませんよ。

あればちょっと気分が出ます。

 


3、できあがり!

 

かわいい方がいい場合はマスキングテープなどで装飾したり、文字を隠したり。

→⚠️おうちにマスキングテープなどをはがしてお口に入れてしまいそうな赤ちゃんがいる場合は、誤飲防止のために何もつけない方がいいでしょう^ ^

 

工作というほどではなくて、すみません。

f:id:suzume-hikidashi:20180604082006j:image

 

f:id:suzume-hikidashi:20180603210130j:image

 


こすずめ1の初代ままごとレンジは、装飾すらしていないダンボール+箱のくぼみにアルミのお鍋をポン!と置いたものでした。

 

ダンボール手作りレンジのいいところ3つ

 

1、ぶつかっても痛くない

2、背丈に合わせて作り変えられる

3、移動が楽→テーブルの上へ。ソファーの上へ。キッチンの片隅へ。

 

 


それでも毎日

大はりきりで

お料理作りをしていました。

 

すぐにボロボロになってしまうほど、

ままごと遊びが好きならば、

ままごとキッチンをポチッとしてもいいし、

パパやママがもう少しちゃんと工作してもいいし、こどもと一緒に作っても楽しいです。

 

どちらにしても…ままごとキッチンの導入をどうするか、こどもの様子でゆっくり考えられますよ。

 

 


©2018.すずめのひきだしAll Rights Reserved.