すずめのひきだし

家族で遊ぶためのちょっとしたヒントが入っているひきだしです。

歯みがきじょうずかな?-ガーゼでみがこう!赤ちゃん編

歯みがきじょうずかな?-ガーゼでみがこう!赤ちゃん編

 


赤ちゃんのピンクの歯ぐきから、白くてぴかぴかの歯がちょこっと顔を出すよりも前。

 


歯みがき準備をはじめるなら、まずはガーゼみがきからね。

 


5/25記事-秘伝⁉︎これでスッキリお顔ふきのワザ!!!

 


の「お口のお池をひとまわり-口の周りを1周」の後に

 


新しい清潔なガーゼ(乾いていても濡れていてもいいです)

 


お口の中もお散歩です。

 


おとなはガーゼを人差し指に巻きつけて他の指で押さえてね。

 

f:id:suzume-hikidashi:20180604203409j:image

 

歯みがき準備ガーゼみがき


はーい!こすずめちゃん

では、お口の中のお散歩もしまーす。

 


湯ざましか麦茶を少し飲んで、

お口の中をさっぱりさせたら

 

しゅっぱーつ。

 


くちびるとんとんこんにちは。

(ちょっとノック

-くちびるさわってなれてきたら)

 


上の歯ぐきさんこんにちは。

 


すーっとすべって裏側も

 


すーっとすべって、はいおしまい。

 


→適当にこどもが喜びそうなセリフをアドリブで。

 


それぞれのおうちで左上奥からとか、右上奥からとかルールを決めておくと毎回、迷わずにすみます。

 


下の歯ぐきさんこんにちは。

 


すーっとすべって裏側も

 


すーっとすべって、はいおしまい。

 


これできれいになりました。

 


汚れが付いているようなら、汚れをぬぐうような感じで。

最後に湯ざましか麦茶を飲んで、

 

はい おしまい。

 

これに慣れておくと、次のまねっこ歯みがきへの移行がスムーズです。

 


☆シニアに応用☆

 


シニアの歯みがきにはちょっと悩ましい課題がいっぱい。

 


幼稚園や小学校での歯みがき指導をされた経験のないシニアは、だいたい磨き方が自己流です。

 


シニア歯みがきあるある3つ

(うちの場合です。あくまで個人の意見です。)

 


1、ブラシを入れたら、やみくもに磨がく。

(磨く順番が決まっていない)

 


2、歯磨き粉のつけすぎ

(昔のコマーシャル通りにたっぷり歯みがき粉をつけるので、たいてい辛すぎるのか磨く時間が極端に短い)

 


3、うがいの回数が少ない

(コップ半分くらいしか使わずに、すぐに水を捨ててしまう)

 


歯みがき終わった!!(ドヤ顔)

らしき父にコップ1杯分のうがいをしてもらうと…出てくる出てくる。残渣いっぱい。

 


ということで、たまには

シニアの歯みがきをちょっと観察。

 


家族では歯みがき指導が

難しそう…そんな時は

かかりつけの歯医者さんの

予約をして、歯石除去や歯みがき指導をお願いするとちょっと安心。

 

 

 

定期的に(理想は4ヶ月に1回でも)歯医者さんで診てもらうと、誤嚥性肺炎のリスクも少なくなります。

 


おとなに歯みがきをレクチャーするのは困難を極めるので、ここはサクッとプロのお力を借りることをオススメします。

 


©2018.すずめのひきだしAll Rights Reserved.