すずめのひきだし

家族で遊ぶためのちょっとしたヒントが入っているひきだしです。

スパッツ?すぱんつ?

2歳のこすずめ2はスカートの下に

スパッツをはくのがお気に入り。

 

f:id:suzume-hikidashi:20180611203408j:image

 


ある日いつものようにスパッツをはかせていたら、

こすずめ2「ねえ、これすぱんつえしょ?」

ママ「スパッツよ」

こすずめ2「ス・パ・ン・ツ!!」

・・・で、大笑いしたのですが、後日

3分丈のスパッツにすぱんつと

ネーミングされて、いる商品を発見しました。(当時)

 


今はspants(スパンツ)という商品があるようです。

 

 

 

こすずめ2のネーミングセンスもなかなかでした。

そのおうちならではの言葉のエピソードは、

将来にわたって、家族で思い出しては楽しめます。

こどもたちがパパやママになった時もね。

 


カレンダーやスマホにちょっとメモしておくとか、SNSに投稿しておくとかは成長の記録にもなってすてきです。

 

☆シニアに応用☆

おうちのシニアにこどもの頃の言い違えエピソードを聞いてみると面白いですよ。こどもとパパが同じこと言ってたり、兄弟姉妹でも違ったり。パパとママが同じこと言ってたり。

 

アルバムをめくりながらや写真を見ながらだとよりリアルに思い出せるようです。

 

親孝行も兼ねて、実家の写真の片付け状態を見ておくのもいいですね。

 

今はビデオをDVDにしてくれるサービスもあるし、自分でする場合のコストも下がったし、いい時代になりました。

 

話はそれますが…

タイムマシンはまだ未発明ですが、

実機がなくてもいいのです。

 

一緒の時間を過ごした人にナビゲーターになって貰えれば、すぐに好きな時代に一瞬で戻れます。

 

例えば、同窓会とかだとみんなでタイムスリップしますよね。

 

その時聞いたり言ったりした言葉やその時代の音楽は、タイムマシンの時代設定みたいなもの。

 

皆さまは誰とタイムマシンに乗りたいですか?

 

 

©2018.すずめのひきだしAll Rights Reserved.