すずめのひきだし

家族で遊ぶためのちょっとしたヒントが入っているひきだしです。

あれれ?お靴を左右反対にはいてるね。

こどもが一生懸命に自分でくつをはいて、

達成感いっぱいに「できたぁ~」と大喜び。

でも、おとなが見ると靴の左右が逆・・・。

 

あれれ?お靴を左右反対にはいてるね。


こんなとき、「右と左が反対だよって」

ちょっと言いにくいんですよね。

 


そんなときは足をクロスにして、

「あれれ?はんたいこうたいだねぇ・・・」

 


ちゃんとそろえておいても、手に取った方から

はいてしまうから、逆になるのかな?

 


仲良しさんがわかるように、

バレエシューズみたいな靴には

かわいいマークが並ぶように

描いておくのも楽しいアイディアです。

保育園・幼稚園の上履きにもおすすめです。

 


お玄関でくつをぬいだら、

くるっと向き直って、くつをそろえる。

習慣にしてしまえば、なんでもないこと。

 

f:id:suzume-hikidashi:20180614175544j:image

 


ただ、うちは年子なので、

ワンサイズ違いのおそろいがたくさん。

きちんとそろえないと、サイズ違いで

ペアになっちゃうことも多くて、苦労しました。

 


だから、こども達が小さいときは、

くつが迷子にならないように、

木のピンチで留めていました。

 


本当にばらばらのごちゃごちゃに

なってしまったときは、

新聞紙の上に一度乗せて、

お玄関のお掃除をしてから、

くつの組み合わせパズルにして

そろえていきます。

 


よく見ないと、サイズが合わないから

大きさにも注意が必要です。

 


お玄関もぴかぴかになって、一石二鳥ですね♪

 


その後、中高生の頃のこども達。

「靴、そろえてあがってね~」と

玄関で一声かけないと、

荷物で手がふさがっているので

ついそのまま、あがってしまいます。

そろえさせるのに一苦労でした。

 


かと思うと、

学校やお出かけ先のトイレ用スリッパや公共施設のスリッパのごちゃごちゃになってるのを

せっせとそろえていたりしていました。

 


まあ、よそできちんとできるのはいいことです。

 


おとなになった今はきちんとしているので、当時の苦労が報われたと言っていいでしょう。

 


©2018.すずめのひきだしAll Rights Reserved.