すずめのひきだし

家族で遊ぶためのちょっとしたヒントが入っているひきだしです。

ものづくりのスピリット

馬車や自転車や人力車にモーターをつけて…といった風情のクラシックカー

 


車好き、レトロなもの好きにとってトヨタ博物館http://www.toyota.co.jp/Museum/の2階はまさに魅惑のフロアー。

 


これからは電気自動車の時代と言われるけど、ガソリンエンジンの性能がよくなる前にも電気自動車が走ってたとか、前に来た時は気づかなかったわ…

と思いながら一台ずつじっくりと見ます。

 


丁寧にレストアされた車両は、どの車も圧巻の存在感とオーラを放っています。

 

f:id:suzume-hikidashi:20180624211722j:image

 


クラシックカーのエリアから少し進んで、今まで見てきた過去の車を眺め、これから進化してゆく未来の車を眺めて「ものづくり、すごいなぁ…」とひとりごとを言った瞬間

 

f:id:suzume-hikidashi:20180624211728j:image

 

技術者、開発者、広報担当者、量産関係者…などなど、一台一台のクルマに込められた何人もの人の想いが一気に感じられて、気づいたら涙…。

 


ふつうクルマの博物館で泣く?と自分にツッコミを入れながら思ったのは、

 


むずかしいことがわからない頃から、本物を見ておく大切さ。

 


こどもたちには

“ものづくりのスピリット”を感じてもらうのが一番。

 


ものを作るのは楽しいと教えるのも大切。

勉強する環境を用意するのも大切。

 


だけど、おとなが好きなもの、感動したものをこどもと一緒に見ることや語ることはすてきなこと。


トヨタ博物館は、パパとこども、

ママとこどもたち、家族連れ、

おじいちゃんとおばあちゃんと娘夫婦、

青年とお父さま、

海外からの観光客、

とさまざまな年代の人々が思い思いに楽しんでいます。

 

オープンの9:30入館から14:30まで、ゆっくり5時間。

 

トヨタ博物館は気軽に過去に行けて、未来を夢見ることができるすてきなところです。

 


©2018.すずめのひきだしAll Rights Reserved.