すずめのひきだし

家族で遊ぶためのちょっとしたヒントが入っているひきだしです。

近所の温泉に行こう!

旅行へ行かなくても、

お出かけ気分が味わえて、

リフレッシュできるから、

近所の温泉だーいすき。

 

近くだけど、準備はわくわく。

着替え・シャンプー・コンディショナー・ブラシ・タオル…準備はOK?

 


「今日は、大きなお風呂に行こうね」

「わーい。外のお風呂ある?」

「あるある。お天気がいいから露天風呂にも行けるね」

 


おうちから15分で温泉に到着です。

チケットを買うのに、ボタンを押すのはこどもの係。

チケット係のおじさんは

「こんにちはぁ~」と言うと、にこにこして

「いってらっしゃい」と言ってくれます。

 


脱衣所はゆげで、もうもう。

蒸気と熱気でいかにも温泉という感じ。

脱いだものをかごに入れて、タオルやシャンプーを持って

いよいよ入ります。

 


温泉の常連さんたちは、マイバスケットにタオルやシャンプーやブラシなど全部入れてくるの。

それが、便利そうなの。

ちょっと羨ましいこどもたち。

 


はじめはシャワー。

椅子を洗って、身体を洗って。

シャワーは自分のかかるところにお湯が出るように。人の方に向けないようにね。

泡は飛び散らないように。ちゃんと流してね。

お風呂場で移動するときはゆっくり歩きましょう。

タオルはお風呂につけないでね。

 


注意事項、いっぱいあるなぁ…

でも、マナーだものね。

 


温泉は熱いことが多いから、足からゆっくり入ってね。

いつもより、小さめの声で数を数えます。

あったまったら、露天風呂へ。

 


露天風呂に入ると、岩の上にお湯でらくがき。

乾くと消えちゃうから、何度でも描けます。

 


そうそう、パパもお外にいるかな?

塀を隔てているだけだから、パパのくしゃみが聞こえたよ。

「パァパァ~(くすくすくす)」←何がおかしいのか?

「はーい」

「あっ、パパだぁ♪」

 


シャンプーして、はいできあがり。

もう1回入ろうか。

「気持ちいいね~」

「なんか、旅行に来たみたいだね」

 


シャワーブースで使った椅子や洗面器は泡が残らないように洗って、初めの位置に戻しましょう。

 


出るときは、よーく絞ったタオルで浴室の中で身体や髪の毛をよく拭いて、しずくがポタポタ垂れないようにしてから脱衣所へ。

 


ゆっくり、乾いたバスタオルやタオルで拭きます。

洗面台でドライヤーで髪の毛を乾かしたら、洗面ボールに落ちた髪の毛を集めてゴミ箱へ。これで次の人も気持ちよく使えます。

 


注意事項が多いけど、まずはおとながいいお手本に。こどもはまねっこが上手なので、おとながマナーを守っていれば、それを見て学習してくれます。

 


市や私設の大きな温泉は、ちょっとしたお出かけ気分を満喫できる、おすすめスポットです。

 

久しぶりに近所の温泉に行こうかな?

 

 


©2018.すずめのひきだしAll Rights Reserved.