すずめのひきだし

家族で遊ぶためのちょっとしたヒントが入っているひきだしです。

ひらがなつみきの遊び方1

私がこどもの頃、好きだったという

ひらがなつみき。(角なし正方形の薄めのつみき)

おにの絵が怖かった私のために

おは隠してあったみたい。

 


そんな話を聞いていたので、

こどもが生まれてすぐに

ミッフィーのひらがな積み木を購入。

まだ、ひらがなに興味がなくても、遊び方いっぱい。

 

ひらがなつみきの遊び方

 

その1 平積み

そのまま、平らに積んでいきます。

1枚の厚みがないので、

なかなか高くはならないけれど、

「ど~ぞ」とかわりばんこ。

1歳児さんでも楽しめます。

 


その2 タワーづくり 

1枚平らに置いて、その両端に2枚のつみきを

立てて、また平らに1枚…の繰り返し。

はじめは、2枚立てるのはおとな。

平らに置くのはこども…にしてもいいですね。

 


集中力がついて、細かい動作ができるように

なれば、2枚立てるのもこどもにお任せ。

2歳くらいから、長~く楽しめます。

 


もしも、くずれてしまったら

「もう1回作ろうっ♪」とまた積みます。

 


その3 タワーくずし

おとなが建てたタワーを

こどもがくずすだけでも楽しいもの。

1歳前から遊べます。

 


タワーが高くなるまで、待てるかな?

(少し高くなるまでがまんがまん)

 

 

つみきをくずすときの力加減。

まわりに小さい子がいるときの注意。

自分の家以外でのルール。

(人が作ったものを勝手に壊さないとか。)

いろいろなことが学べます。

 


つみきはくずれてあたりまえ。

くずれても、何度でもやりなおせる。

 

なにかで失敗しても、

また何度でも挑戦すればいいって

メッセージ、

ちゃんとこどもに伝わるかな?

 


©2018.すずめのひきだしAll Rights Reserved.