すずめのひきだし

家族で遊ぶためのちょっとしたヒントが入っているひきだしです。

ひらがなつみきの遊び方2

その3 ドミノたおし

皆さまもご存知かとは思いますが、ドミノたおしはうちでイチオシの人気の遊びでした。

 


高く積むのとはまた違ったスリルが

楽しめるドキドキの遊びです。

 


これは、おとなが夢中で並べて、

こどもがうずうずしながら待ってて

「いいよ~」で嬉々としてたおすのが、

定番ですが、

はじめは待てないんですよね。

 


2~3こで、ちょいっ♪と

ちいさいおててにつつかれて、あ゛~っ。

 


長く並べたり、曲線に並べたり、

ぐるっとまわるようにしたり。

小学生になっても、友達と遊べます。

 

友達同士でパートやエリアを決めて並べたり、作戦を立てたり、数をカウントしたり。学べることがたくさんあります。

 

 

その4 ひらがなあそび

ひらがなはつみき遊びをするときに

なんとなく、目にしているから

興味が出てきたら、並べてみます。

 


絵のほうを表にして、

ひっくりかえして遊んでもいいし。

その反対でも。

 


常に、こどもや家族のなまえのものだけ出しておいて、

並べて遊んでもいいですね。

 

2人で同じ文字がかぶる時は縦横で名前を作ってみると、それも楽しい。おんなじがわかりやすいですよ。

 

こすずめ達は自分達の名前のつみきを使って並べ替えして遊ぶのが好きでした。

 

へんな、名前になるのがおもしろかったみたいです。

 


遊び方がいろいろ工夫できるから

つみきは今でも、

みんなに愛されるおもちゃなんだと思います。

 


雨が続いて、おうちあそびがメインになる時期も、素朴だけれど何通りにもあそびが展開できるアナログおもちゃ。

 


おとなも懐かしい気分が味わえますよ。

 


©2018.すずめのひきだしAll Rights Reserved.