すずめのひきだし

家族で遊ぶためのちょっとしたヒントが入っているひきだしです。

ありさんのほっとけーき

「ママ、ありさんのほっとけーきできたよ!」

 


しろくまちゃんのほっとけーき(7/22日の記事)を焼いていたこすずめ1が嬉しそうにちいさなちいさなほっとけーきをお皿に移します。

 


→昨日の写真は1歳10ヶ月。その後、1年以上修行を積んで、この時は焼くのにもチャレンジ。これは、別の日のお話です。

 


けーきのたねを流すとき、ポタッとこぼれた、小さなしずく。

 


そうっとうらがえして焼いたらね、ありさんケーキのできあがり。

 

f:id:suzume-hikidashi:20180723202129j:image

 


「きょうもいっぱい できたね~。」

 


こどものおやつが終ったら、ありさんおやつの時間です。

 


ありさーん おやつだよー」「ほっとけーきだよー」

お庭のありの巣をみつけると、

入り口からちょっとだけ

離れたところに置きます。

 


「ここだよー」とありさんに一生懸命に教えています。

ありさんはあっちへうろうろ…。

こっちへうろうろ…。

とうとう、一番にみつけたありがお友達を呼んできます。

きたきた、ありさんいっぱい。

 


「みんな、よろこんでくれてるねー」大満足です。

ずーっと見ててもあきません。

 


「ありしゃん…」見ると、こすずめ2はおじぞうさんのようにかたまって動きません。

次の一歩が出せなくて、ずーっとありさんを見ています。

 


ありさんを踏まないようにって思うと、歩けないよんだよねぇ。

 


ママ「今日は、びっくりしなかった?」

 


こすずめ1「今日は大丈夫。きっとみんなでおやつ食べてるよ。」

 


ママ「それはよかったね。この前、こすずめちゃんたちはありさんの10倍くらいのパンあげてたもんね。あれはびっくりしたんじゃないかなぁ…」

 


⚠️ありさんの観察はとーっても楽しいのですが、今年の夏は暑すぎるので、もう少し涼しくなってからの方がいいですね。

 


それまで、ありさんのほっとけーきのこと、覚えていてくださいね。

 


やってみると楽しいですよ。

 


©2018.すずめのひきだしAll Rights Reserved.