すずめのひきだし

家族で遊ぶためのちょっとしたヒントが入っているひきだしです。

休憩セミさんとセミばくだんさん

今年は本当に連日暑いですね。

 


今日もじっと動かずに地面で休息するセミさんを見つけましたが、比較的涼しいところにいたので、そのままにしておきました。

 


こすずめたちがこどものころ、地面で動かなくなっているセミを見つけると

レスキューするのはママのお仕事でした。

 

f:id:suzume-hikidashi:20180727215530j:image


この写真のようにじっとしている休憩セミさん

1、かんかん照りの地面に動かずにいる→生きているけどあまり力がなくて動けない→紙の上に載せて日陰へ運ぶ(飛んでいく可能性あり)

 


2、日陰の地面に動かずにいる→そのままにしておく(さわるとかえってかわいそうだからね)

 


上を向いている場合

1、脚が閉じている場合→めいっぱいひと夏の人生を全うしたと思われるので、木陰のふかふかの草の上や土の上に返してあげる。合掌。

 


2、脚が開いている場合→

かんかん照りの地面にいる場合は苦しそうなので、セミばくだん覚悟で、紙などで木陰へ移動させる。

 


日陰にいる場合→下手に動かすとかえってかわいそうなので、そのままに。

 


休憩セミさんもセミばくだんさんも

かんかん照りの地面や道路の真ん中にいるのを見つけると。こすずめたちは

ママに助けを求めます。

 


こすずめ1「ママママ、たいへんたいへん!!」

こすずめ2「セミさーん」

 


セミばくだんさんにびっくりすることもあるけど、なんだかほっとけないんだよね~。

 

 

 

©2018.すずめのひきだしAll Rights Reserved.