すずめのひきだし

家族で遊ぶためのちょっとしたヒントが入っているひきだしです。

いやいやいーや。まぁいーや。

や!

いや!

いやもん!

いやぷー!

いやいや!

 


バリエーションがいっぱい。

いやいや期の

いやいやいーや攻撃。

 


こすずめたちも“いや”のバリエーションたっぷりにいやいや期を

過ごしました。

 


たとえばお食事中、

あと少しで完食というところで、

ママ「あと少し、食べちゃおうね。」

こすずめ「いや!」

 


こんな時の

すずめ式対策2つ

 


ママ「あと少し、こすずめちゃんは食べないよねぇ」

こすずめ「いや!」

 


ママ「あら、食べるの?」

こすずめ「…」

 


(わざと反対のことを提案してみます。自分で言ったことが通るので、

わりと素直に食べたりします。)

 


ママ「あと少し、スプーンで食べるかフォークで食べるか、どっちがいいでしょう?」

こすずめ「こっち!」

 


(ふふふ…答えを選ぶときは反射でいやって言えないのよね。)

 


とこんな感じの言葉遊びで、楽しんでいました。

 


とはいえ、いやいや期の初期の頃は、

こちらもヒートアップして湯気吹いたりもしたのですが、

そういう時期か…まぁいいや…と思ってから面白くなりました。

 


子育て中のお悩みは次々に変わるので、今だけ限定のことが多いのです。

 


待ったなしですぐに次の課題が出てきますからね。

 


☆シニアに応用☆

難しいお年頃なのは、いやいや期のこども並み。

 


「いらん」と言っても、お口のそばに持って行くとうっかり食べてしまったり、「どっちを食べますか?」と尋ねると、「もういらん」はずなのに選んでしまったり。

 


シニアも自分で選んだことにはわりと素直なので、ちょっと面白いです。

 


夏休み、いやいや期ではないお子さまも、いっしょにいる時間が長いといやいやモードになることも。

 


おとなもヒートアップすると暑いので、

いやいやいーや。まぁいーや。

という感じでね。

 

 

©2018.すずめのひきだしAll Rights Reserved.