すずめのひきだし

家族で遊ぶためのちょっとしたヒントが入っているひきだしです。

おうちでの平和についての学び2

「今から迎え火を焚きますよ~」

おばあちゃまが言うと

こすずめ1はなんだかちょっとわくわくした顔でお玄関へ。

 

おじいちゃまはガレージのところで

蚊取り線香と迎え火を焚く準備をして待っています。

8月13日の夕方、パパの実家でのこと。

 

「ご先祖さまがこれを見て、このおうちに帰ってくるんだよ。」

おじいちゃまがこすずめ1に

お話してくれます。

 

こすずめ2もママに抱っこされて

一緒にお話しを聞きます。

 

パパは火の起こし方とかおガラの焚き方とかを説明しています。

 

「お盆の間はご先祖さまが帰ってきてずっと一緒にいるからね。」

 

ごせんぞさまってだあれ?

 

仏間にはパパのパパ(おじいちゃま)のパパとママや

そのまたパパとママのお写真。

 

おじいちゃまは巻き物みたいな大きいのや和綴じになってる

家系図を出してきて

「きみたちはうちの9代目ですよ。」

と小さなこすずめたちにお話してくれます。

 

2人ともよくわかんないけど、わかったような顔で神妙にお話を聞いています。

 

命のリレーのバトンが自分のところまできたことを繰り返し伝えるのが、パパ実家のお盆のスタンダードでした。

 

今日は8月16日。

パパの実家に帰省していた時は、送り火を焚いていました。

「ご先祖さま、ゆっくりできたかな?また、来年帰って来てくださいね。」

家族みんなで手を合わせます。

 

お仏壇をパパが引き継いで数年経ちます。毎年、迎え火送り火もしています。

 

今年はパパがご先祖さまと共に京都に行って、五山の送り火でお送りする予定です。

 

 

©2018.すずめのひきだしAll Rights Reserved.