すずめのひきだし

家族で遊ぶためのちょっとしたヒントが入っているひきだしです。

金髪隠蔽工作ファイル

数日前、素材を用意して、おとなは見てるだけ~と

いう記事を書きました。

 

おとなが用意していない素材をこどもが自分の発想で、勝手に使うと

とんでもない事件がおきたりします。

 

これは、こすずめ2=2歳半・こすずめ1=4歳の

時に起きた事件のファイルです。

 

その日、こすずめ2は生まれてはじめて美容院へ行き、

背中まで伸びた髪をシャンプーしてもらい、

ボブにカットしました。

お姉さん気分で、ご機嫌です。

 

切った長い髪はゴムでくくってもらい、持ち帰りました。

 

さて、我が家のキャビネットの上の方にはこすずめ1のへその緒と髪の毛の束とこすずめ2のへその緒が入っている缶があります。

 

ママが切ったばかりのこすずめ2の

髪の毛の束を

その中に加えようと、

少し背伸びをして、

缶をおろして、フタを開けると…

 


きゃああああああああっ~

 

「なんで???金髪の巻き毛が入ってるの???」

ママはびっくり。

「なんで?なんで?」

「え~?ほんまになによこれ!!」つい関西弁でひとりごと。

 


…視線が泳いで、一瞬止まった先には、港・神戸からやってきた、フランス人形の微笑み。

 

そういえば、何ヶ月か前に

「こすずめ2ちゃんがさんぱつしてあげてたよ」と

聞いたような気がします。

 

でも、その時は証拠の髪の毛がどこにも落ちていなかったから、聞き流していたけど、まさか!?

 

缶はキャビネットの一番上の段にあり、ママが背伸びしてやっと届く高さ。

いったいどうやって?

 


そのときは、二人ともきょとんとした顔をしていて、結局真相はわからず迷宮入り。

 


その後何年もしてから、

1.フランス人形の金髪をはさみでカットしてしまい、

途方にくれている、こすずめ2

 

2.それを見て、こすずめ1が、

髪の毛の入ってる缶のことを思い出す。

 

3.二人で椅子を運んできて上に乗り、こすずめ1がこすずめ2を抱っこして缶を取り、中に髪の毛を入れ、元に戻す。

 

という一連の隠ぺい工作があったことが発覚しました。

 

隠ぺい工作と知らん顔はよくないということは、ちゃんと注意して、その時に二人とも謝って一件落着でした。

 


こどもたち二人がどうしようか考えて、一生懸命に行動した姿が目に浮かんでパパもママも思わず笑ってしまいました。

「よく考えたよねー」

 


今でも、フランス人形の金髪は子ども達の髪の毛と一緒に、缶に入っています。

 


今後も長く語り継がれるであろう、我が家の事件簿です。

 


もちろんこれは、次世代にも語り継ぐ予定です。

 


©2018.すずめのひきだしAll Rights Reserved.