すずめのひきだし

家族で遊ぶためのちょっとしたヒントが入っているひきだしです。

きのうのきのうのあさのあさ

そのパンあさのあさたべたやつ?

→ずっと前の朝

 

そこ、きのうのきのういったとこ?

→ずっと前

 

パパ、オーストラリアいくのあしたのあした?いいなぁ…

→今度

 

バリエーションとして

きのうのきのうのあさのあさ

→ずーっと前の朝早く

 

3歳くらいの頃、

日常会話には

ほとんど困らなくなったものの

時間の概念を表す言葉を

まだうまく使えなかったこすずめ2。

 

知っている言葉を駆使して

言いたいことを伝えていました。

 

どこのおうちにもある

期間限定の

おうちことば。

 

こどもたちが小学生や

思春期の難しいお年頃になっても

時々使うと、一瞬で

ふふふ

となって空気が和みます。

 

もちろんこどもたちがおとなになった

今でも、ふざけて使いますよ。時々は。

 

言ってみれば、

タイムマシンのパネルみたいな

ものですね。

 

☆シニアに応用☆

ママとしての自分が覚えていて

言う分には楽しいけれど、

自分の親が覚えていることを

こどもたちに披露されると、

やっぱりハズカシイですけどね。

 

 

 

まあ、シニアになって短期記憶はずいぶんあやしくなっても

こういうことはよく覚えているものです。

 

 

本日もご訪問いただき、

本当にありがとうございます❤︎

 


明日もいい一日になりますように。

 

 

 

©2018.すずめのひきだしAll Rights Reserved.