すずめのひきだし

家族で遊ぶためのちょっとしたヒントが入っているひきだしです。

お風呂でゆらゆら

赤ちゃんが新生児のときの沐浴…どきどきしましたよね。

 

まだ、お首もぐらぐらだし、ガーゼを身体にかけていても

びっくりして、泣いちゃうし。

 

みんなと一緒にお風呂に入れるようになるとちょっと、一安心。

 

大きいお風呂に一緒に入るのが

あたりまえになっていても、

たまには、新生児のときのように、

頭を支えて、お尻の下に手を添えてあげるとあら、不思議。

 

ゆらゆら…新生児気分を味わえるようです。

手や足も新生児のときのようにゆらゆら…。

まだ、覚えているの?

 

「生まれたばかりの頃はベビーバスに

こうやって入っていたのよ~。」

とお話しながらこすずめを眺めると、

大きなバスタブの中でもつっかえそう。

 

「おおきくなったね~」成長がひと目でわかります。

大きくなりすぎでつっかえるときは、

温泉の朝風呂とか、

空いてる時間の公共温泉施設とかで

こっそりゆらゆら。

(他のお客さまが一人もいらっしゃらない時だけですよ。)

 

 

3歳位の頃は、さらに遊びも進化して…

 

貝ガラ(危なくないもの)を持って入って、ラッコごっこ

頭を支えられた姿勢のままで、貝ガラを

カチカチお腹の上で合わせます。

 

「あら、ラッコさん今からお食事ですか?」

「おいしそうな、貝ですね~」

これはもちろん、おうちだけでの

お楽しみ。

 

小さい赤ちゃんがおうちにやってきて、

上の子が赤ちゃん返りしたときも、

プライドを刺激しないで、

赤ちゃんと同じを楽しめます。

 

本日もご訪問いただき、

本当にありがとうございます❤︎

 


明日もいい一日になりますように。

 

 

 

©2018.すずめのひきだしAll Rights Reserved.