すずめのひきだし

家族で遊ぶためのちょっとしたヒントが入っているひきだしです。

気になる実家のお片づけ3

令和になって1ヶ月たちました。

 

気分も新たに!!!ということで、私の両親は健在ですが、私の実家&自宅&旦那の元実家からやってきたモノモノモノ…の処遇を

・考えて

・選別して

・然るべきところへ

と言う作業を今年の4月になってから地道にやっています。

両親は健在ですが、以前のように自宅でがっつり介護しているわけではないので、そろそろ“今後、使わないモノ”が明確になりつつあります。

 

今日は旦那の出身小学校の敷地内にある

社会福祉法人授産施設(作業所)の方が

駅にある作業所のショップに出す物品の引き取りにきてくださいました。

 

私の実家で使わなくなったモノ、旦那の実家からきたモノ、私たちの家で今後使う予定のないモノなど、ダンボールやコロコロケースなど約10箱分の花瓶、陶器、ガラス製品、文房具(色紙、クレヨン、ホッチキス)、つえ、古着、海外のお土産などが次々にバンに積み込まれて行きます。

 

自分たち家族はもう使ってあげられないけれど、誰かのところでお役に立てるかもしれない。

・お金にはならないけれど、捨てる罪悪感を感じずに、手放すことができる

・リサイクルショップでは中古の食器や花瓶、文房具は引き取っていただけない

ので、ありがたいです。

売れなくても、作業所の備品としてお使いいただけるということで、ほっとしました。

 

引っ越し、断捨離、ときめくお片づけ、親片、ミニマリスト、終活…おかたづけのきっかけはいろいろあるけれど、

ごみ袋に入れてゴミにするのは忍びないモノをちゃんと次に必要としてくれる方の元に届けてくれるところってあるのだなぁと

しみじみ思いました。

 

皆さまの街にも、そんな場所があるといいですね。

 

今日もお読みいただき、ありがとうございます!!

いい週末になりますように。

f:id:suzume-hikidashi:20190531223259j:image

これは次回にお願いするものの選別です。

寄付させていただく食器は基本的に、ぜんぶ洗っておきます。

そうすると、気分もすっきりしますよ^ ^